胸を開くと心を安定させるホルモンが出る

通常運転に戻す こころのヒント_自分を癒す

こんにちは、カウンセラー洋子です。

最近、自宅で続けているストレッチ運動。運動の効果を助けてくれる、心強い補助具を手に入れた。それは、ストレッチポール。細長い枕のようなもので、上に乗ったり、ころころ転がしたりすることで、身体の緊張をほぐす運動を助けてくれる道具だ。

このストレッチポールを使うようになってから、身体のコリが残りづらくなってきた。なんだか調子がいいのでご紹介する。

身体のコリをほぐす、身体を開く

机の前に座ってものを書いたり、調べたり。日々、デスクワークが多い。集中しすぎていると、つい、歯をかみしめ、猫背になってきてしまう。そこで、水分補給を兼ねて、1時間ごとに休憩とっている。ついでに身体をほぐして姿勢よくしよう。

テニスボールを使ってほぐす、開く

自宅にあった固めのテニスボールをつかって、身体のコリをほぐしてきた。腰骨背中側の中央、肩甲骨の後ろや首の真後ろをそっと押してみるのも気持ちが良い。1点集中、体重のかけ方を調整しながら力をかけると、気もちよさも程よく、これはこれで気に入っている。

ひとつ、困ったことがある。それは、ボールが転がってしまうこと。

体重のかけ方によっては、狙った場所にあてていたボールがころころと、逃げてしまう。ボールが逃げるのを防ぐため、タオルやマットで位置を固定して体重をかけてみるのだけれど、慣れるまでが難しい。

ストレッチポールを使ってほぐす、開く

ストレッチポールは、長い1本の棒になっている。棒の上にまっすぐ首から腰までをのせて、自分の腕の重みを使って身体の前面や胸をゆっくりと開く。筒に乗って、背中をころころ、ぐるんとマッサージ。背骨よりも少し外側にあて、肩甲骨の真後ろから身体を開くのも気持ちが良い。

ストレッチポールも円筒だから、体重のかけ方によっては転がるのだけれど、ボールよりも使い勝手が良かった。

胸を開くことは、心の安定を助ける

ストレッチポールなどをつかって胸を開いていると、首ががちがちにこわばりづらくなってきた。心の安定も比較的取りやすくなってきた。

胸を開く姿勢は男性ホルモンを活発にさせる

胸を開く姿勢をとると男性ホルモン(テストステロン)が多めに出てきて、やる気、判断力などを支える力が増すという。前向きな心も支えてくれるから、テストステロンが多く出ると落ち込みづらくなってくる。

そういえば、精神科に通院してた頃に「身体の痛みがとれてきたら、胸を張れ。胸を張って、男性ホルモンを出せ」と主治医さんから聞いた覚えがある。男性ホルモンを出して、やる気や前向きな心を支えられるようになれば、落ち込む時間が少しずつ減ってくる。

自信があるよう見せる姿勢が、心を安定させる

胸を開き、自信があるような姿勢、えらそうに見える姿勢をとる。内心ではびくびくと自信がないのだとしても、姿勢だけは自信あるように保ってみる。他人にその自信ありそうな姿勢を見せることがためらわれるなら、ひとりのときに、こっそりとやってみるのでもいい。

しっかりと胸を張り、自信がありそうな姿勢をとる。胸を開いて過ごせる時間を増やしていく。

そうすると、自分の心を支え、気力を増す物質がじぶんの身体の中にじんわりと湧いてくる。

洋子

カウンセラー。得意技は「見えないものを見える形に」
自分らしく幸せに生きる姿を自分自身で描き出せますように/根本裕幸師匠の弟子2期生◆普通や世間に生きづらさを感じていたADHD,HSP当事者、うつ卒◆自分のままで生きると決めたあなたの幸せに向かう物語を引き出す聞き手&語り手。
◇ 双極性障害II型と解離性障害を乗りこなす、じぶん探究家。モットーは、笑顔ではなうた。

\ follow /
\ SNSでシェアする /
\ follow /
じぶんを生きる 自然に生きる
タイトルとURLをコピーしました